カメラで防犯性向上

さまざまな工具

 最近では、一般の家庭における侵入被害などが多くなっています。企業などにおいても、その対策の一環として、防犯カメラを設置するなどが一般的になっています。  実際に防犯カメラを設置した場合の価格の傾向については、リースやレンタルにした場合、あるいは購入した場合でも違いがありますし、カメラ及び周辺機器の性能などによってもかなりの違いが見られます。自分で購入して設置する場合、簡単なものであれば、1万円以下の商品も見られますが、天井に取り付ける360度監視タイプの性能の良いものだと、10万円以上するものも多く見られます。  リースやレンタルの場合には、カメラ機器等の性能、契約期間等によっても違いがありますので、詳細についてはサービスを提供する各社に確認してみる必要があります。

 防犯カメラについては、最近では個々人の家庭においても設置される事が多くなっていますが、家庭における使用はまだ歴史としては比較的浅いものであるといえます。工業用のカメラが監視カメラとして利用される様になったのは、1960年代に入ってからの事とされています。その後は、カメラに改良が重ねられていく事で、カメラが感知する性能が上がり、防犯カメラとして、地域の公共機関や企業でも利用される場面が増えていった歴史があります。  現在では、一般家庭においても侵入盗などの被害が増える傾向にあり、海外から犯罪者が流入しつつもあります。そのため、犯罪を未然に防ぐために、防犯カメラの設置を行う地域、企業、一般家庭が増える傾向となっています。